LEDで明るいクリップライトMosproがおしゃれな件

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

LEDで明るいクリップライトMospro

どうも、太陽が嫌いな僕です。

amazonタイムセールって凄いですね、初めて使ったんですけど、めちゃめちゃ安く購入できるもんなんですね。

僕は枕元に置くライトが欲しくて、探していたのですが、丁度タイムセールで安く購入することができました。

何でライトが欲しかったのかと言うと、いちいち寝る時に部屋の電気を消す作業が面倒くさかったからです。

あー眠れるって時に、「あ、部屋の電気消さなきゃ」って思って身体を起こすの怠くないですか?

リモコンとかで消せる機能があったら問題ないのですが、僕はアパート暮らしで古い作りなのでそんなもの微塵もありません。

今回クリップライトを購入してみて、今までの面倒くささが嘘みたいに消え失せたので、この素晴らしさを伝えるためにレビューします。

皆さんもこの機会に是非購入してその便利さを実感してください。

Mosproの基本情報

Mospro

値段:¥1,280(2017/08現在)

入力:DC 5V 500mA

LEDライトルーメン:120 lm

クリップ最大距離:6CM

タッチパネルボタン(3段階の調光機能付き)

滑り止めゴム付き

稼働時間:明るさ=低:8時間、中:6時間、高:3時間

梱包内容

Mosprの箱

オシャレでシンプルな箱が届きました。この中にMospro本体が入っていると思うとドキがムネムネです。早速開けていきましょう。

Mosprの内容物

内容物は本体と充電ケーブル、取扱説明書の3つのみです。

取扱説明書は邪魔なので捨てました。読まなくても普通に使えます。

本体は白色しか使っていない、美しくてシンプルな造形。

無駄のない形はAppleを彷彿させます。インテリアとしても使えますね。

機能紹介

感度抜群3段階スイッチ

Mosprの明るさ

軽く触るだけで、ONとOFF、3段階の調光が可能となっています。

感度抜群で、本当にさっと触れるだけで点いてくれるので、まじ大助かりです。

上図は一番弱い光です。これだけでもわりと明るいです。

夜、真っ暗の中なら、最低光量でも十分読書やスマホ操作などができ、目に優しいです。

簡単充電

Mosprの充電穴

充電はUSBで行います。

パソコンやアダプターのUSBポートに差し込み、もう片方のアダプターを、ここの丸い穴にぶっさせば充電可能!

充電時間は約8時間ですが、アダプターに刺しっぱで使えば何も問題ないですね。

僕はワイヤレスが好きで、あまり長時間電気は点けないタイプなので、充電はする時することにします。

充電中はタッチセンサーのスイッチ上部が赤く光り、完了すると消灯します。

ただ注意点として、長く使用しない時でもバッテリの劣化防止のために、最低2ヶ月に1回は8時間以上充電したほうが良いと書いてありました。

何処でもクリップ

Mosprのクリップ

僕は基本枕元に置いて使いますが、デスクにも勿論使えます。

置いても良いし、上図のように、挟んで使っても良し!

デスクの近くに置く人は、USBで充電しながら使えば、完璧ですね。

ボタンも一つしかないので、迷わずに使いたいときだけ、直ぐに明かりを付けることができます。

すべり止めゴムがついているので、落ちる心配もなし!

フレキシブルに動くアーム

フレキシブルアーム

このアームが何と言っても使いやすいです。

360°自分の好きな方向に曲げることができるので、凄く便利です。

ある程度しかいけない昔ながらのライトを一掃する新世代のクリップライト、おすすめです。

重さもとても軽量、やっぱあっちの部屋で使おうと思った時もすぐに対応できます。

ベッドで、読書灯代わりに使うも良し、スマホの写真撮影時に照明として使うも良し、キャンプで持ち出しても良し、様々な使い方が想像できる商品です。

僕の感想

未来に明るい兆し。

これは本当に買ってよかった、なによりコスパが異常です。

このクオリティーで¥1,280ですよ。タイムセールの時は¥1,000切っていましたから、半端ないです。

勿論amazonでも一番人気、当然ですよね。

これフランスかどっかのおしゃれな国の企業が作ったんだろうな〜と思って調べてみたら、日本の企業のブランドなんですね、びっくりしました。

まだまだ、日本も捨てたもんじゃないですね、これからもどんどん使いやすさと見た目の良さを極めた商品を作って欲しいものです。

家庭科で使うあれ

合わせて買いたいおすすめ3商品

自動開閉ゴミ箱を買ったので僕なりにレビュー

便利すぎたイヤホン「EARIN」レビュー

OMRONマッサージクッションを僕なりにレビュー

ここまで読んでくれてありがとう!

それじゃあまたね!