WSKYの折り畳み傘がオシャレで格好良い件

WSKYの折り畳み傘

皆さん、どうもこんにちは、boku(@boku_alone)です。

皆さんは急な雨にも対応できるように折り畳み傘を持っていますか?

僕はコンビニで購入した折りたたみ傘をいつも使っているんですけど、強風によって折り畳み傘の骨が裏返って、とんでもない形になることがしばしばあります。

前まで持っていた、コンビニで購入した折りたたみ傘はものすごく軽くて、使いやすいのですが耐久性に問題が大有だったのでAmazonで新しい折りたたみ傘を購入しました。

折り畳み傘の購入で悩んでいる人も参考にして頂ければと思いますので、しばしお付き合いを。

開封の儀

それは実際に中身を見てみましょう。今回購入したのはWSKYの折りたたみ傘です。

開封前

 

まずAmazonから届いてきたダンボールを開けてみるとこのような形で皮のようなカバーに包まれた状態で届きます。

収納ケースも付いていて、カバンに常備しておけるので、急な雨でも安心ですね。因みに重量は430g、折り畳むと、32センチ程の大きさです。

内容物は以下の通りです。

 

内容物

 

本体と折り畳み傘を包むビニールカバー、皮のカバー、使い方が記されてあるカードのようなものが入っています。

 

使い方

 

カードに記されている使い方はまず、折り畳み傘を解きます。次にボタンを押して開きます。使い終わったら、ボタンを押して閉じ、コンパクトに畳ます。

このような感じで、凄いシンプルです。

 

カバーを外した姿

 

結構大きさがあってコンビニの傘と比べると10cmほど大きい感じがします。持ち手も結構広くて握りやすい形になってます。

車に乗り降りする時、子供を抱いている時や荷物が多い時などに非常に便利ですね。

 

プッシュボタン

 

持ち手をアップするとこんな形になっていて、上下にある矢印ボタンを押すと折り畳み傘が開かれます。

 

10本骨

 

これが開かれたイメージなのですが、普通の傘と違ってこちらの商品は骨が十本あります。強風に煽られてもくるりと裏返ることなく耐久性十分な性能です。

グラスファイバー製なので、アルミニウム合金製の傘より優れた耐風性を持っています。

仮に、強い風でびっくり返っても、開閉スイッチを押したら、骨が曲がることなく、すぐ元通りになります。

 

屈強な骨

 

骨を拡大すると、頑丈なステンレス製。1本1本がしっかりとした作りなので、強い風が吹いても曲がることはなさそうです。

またニッケルコーティングされているそうなので、錆びにくいというメリットもあります。

また、超高密度のテフロンポリエステルという材料で作られているので、普通のテリレン製の傘より撥水性に優れています。

その優れた撥水性のおかげで、傘を閉じた後、軽く振るだけで水滴が簡単に振り払えます。

公共の場でも人に迷惑をかけない親切な作りになっています。

 

開閉シーン

 

開くとこから閉じるところまでのGIF動画です。

このようにボタンを1プッシュで開いて、1プッシュで閉じるという動作が1秒でスムーズにできます。

持った感じはそこまで重くないような気がします。がコンビニの折り畳み傘よりはやっぱり重量がありますね。

 

wskyのロゴ

 

閉じると、このようなかっこいいロゴが現れます。こういったオシャレな部分は持っておくと、自分にとってのステータスになるかもしれません。

また、ありがたいことにこちらのストラップを使うことで収納することもできます。

 

傘の紐

 

コンビニの折り畳み傘も一応紹介しときます。

これがコンビニで購入した折りたたみ傘です。長年使っているので変色している部分も出てきています

 

コンビニで買った傘

 

コンビニの折り畳み傘の特徴は軽いというところと、持ち手が短く骨が六本しかないというところです。

500mlのペットボトルとコンビニ折り畳み傘、そして今回購入したWSKYの折り畳み傘を比較してみました。

 

大きさ比較

 

見て分かるとおりに今回購入したWSKYの折り畳み傘は結構な長さになっています。

しかし付属していたビニールのカバーをつけることによって細さというのはコンビニ傘とあまり変わらないイメージです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回購入したWSKYの折りたたみ傘はコンビニ傘よりも重量はありますが、その分、開いた時の大きさが違います。

なんといっても骨10本の頑丈な作りになっているので台風や雷雨がきたときも、安心して移動することができるのがメリットです。

6本骨

こちらはコンビニで購入した折り畳傘ですが、骨が少ないと心もとないですね。

因みに、今回紹介した商品は、メーカーの1年間保証が付いています。まぁ壊れる心配はないと思いますが、無いよりは合ったほうが良いですよね。

市場には似たような折り畳み傘が多く出回っています。その中には重量が300g程の物もありますが、強風に安心して耐えられるには、それ相応の重量が必要になります。

どんな折りたたみ傘が欲しいのか、まず一度自分で考えてみてその後たくさん出てきている折りたたみ傘を物色し、自分に必要な用途の折りたたみ傘を購入するのがベストだと思います。

それでは皆さん、素敵な折りたたみ傘ライフを!

 

ハナシノタネ

error: Content is protected !!