なんJ語(猛虎弁)翻訳ツールの紹介

この記事は約4分で読めます。

入力した文章を「 なんJ語 (猛虎弁)」に変換してくれる無料ツールを紹介します。

そもそもなんJ語(猛虎弁とは)2chの実況板である「なんでも実況ジュピター」でよく使われているスラングです。

語尾に「ンゴ」を付けたり、〇〇なんや、せや、など関西弁も入ります。

どのタイミングでなんJ語(猛虎弁)変換ツールを使用するか不明ですが、いつか役立つかもしれません。(大嘘)

スポンサーリンク

 なんJ語 翻訳ツールの使い方

使い方はとっても簡単、まずはなんJ翻訳ページへ行きます。

 なんJ語 翻訳ツール

ページが表示されたら「色々とお試しください」と書かれているテキストボックスに翻訳したい言葉を入力します。

最後に「なんJ語に変換します」のボタンを押すと自動で翻訳されます。

桃太郎をなんJ語に変換してみた

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいましたンゴwwww

おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きましたンゴwwww

おばあさんが川でせんたくをしとると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきましたンゴwwww

「おや、これはええおみやげになるわ」

おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰ったんや。

ほんで、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、なんと中から元気のええ男の赤ちゃんが飛び出してきましたンゴwwww

「これはきっと、神さまがくださったにちがいない」

子どものいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜びンゴwwwww

桃から生まれた男の子を、おじいさんとおばあさんは桃太郎と名付けましたンゴwwww

桃太郎はスクスク育って、やがて強い男の子になったんや。

ほんである日、桃太郎が言いましたンゴwwww

「ワイ、鬼ヶ島(おにがしま)へ行って、わるい鬼を退治します」

おばあさんにきび団子を作ってもらうと、鬼ヶ島へ出かけましたンゴwwww

旅の途中で、イヌに出会いましたンゴwwww

「桃太郎さん、どこへ行くのやろか?いかんのか?」

「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」

「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」

イヌはきび団子をもらい、桃太郎のおともになったんや。

ほんで、こんどはサルに出会いましたンゴwwww

「桃太郎さん、どこへ行くのやろか?いかんのか?」

「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」

「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」

ほんでこんどは、キジに出会いましたンゴwwww

「桃太郎さん、どこへ行くのやろか?いかんのか?」

「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」

「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」

こうして、イヌ、サル、キジの仲間を手に入れた桃太郎は、ついに鬼ヶ島へやってきましたンゴwwww

鬼ヶ島では、鬼たちが近くの村からぬすんだ宝物やごちそうをならべて、酒盛りの真っ最中ンゴwwwww

「みんな、ぬかるなよ。それ、かかれ!」

イヌは鬼のおしりにかみつき、サルは鬼のせなかをひっかき、キジはくちばしで鬼の目をつつきましたンゴwwww

ほんで桃太郎も、刀をふり回して大あばれンゴwwwww

とうとう鬼の親分が、「まいったぁ、まいったぁ。こうさんだ、助けてくれぇ」と、手をついてあやまったんや。

桃太郎とイヌとサルとキジは、鬼から取り上げた宝物をくるまにつんで、元気よく家に帰ったんや。

おじいさんとおばあさんは、桃太郎の無事な姿を見て大喜びンゴwwwww

ほんで三人は、宝物のおかげでしあわせにくらしましたとさ。

(出典:福娘童話集)

うん、これ語尾に「ンゴwwww」が付くだけだ。

ところどころ「〇〇や」とはなっているものの劇的に変わるものではありませんね。

なんJ語は嫌われている?

Google検索で「なんJ語」で検索するとサジェストには下図のような批判的なキーワードが多く出てきます。

GoogleサジェストでなんJ語と検索した時に表示される批判的な言葉の数々

ネットでこのように叩かれている中、日常生活でもなんJ語を楽しむ方もいます。

人それぞれですが2chを知らない方、知っている方、両者ともになんJ語を使っても特にメリットはないので、言語の使用を控えるのが良いかと思います。

とはいえ「なんJ」は5chでも人気の板なので、もしすぐにでも使用したいという方は是非なんJ翻訳をご活用ください。

折返し翻訳辞書で様々な言葉を翻訳してみた
翻訳の技術が格段に増してきている昨今、やはり他言語間ではニュアンスの違いが出てきます。そこで今回は、翻訳機能の裏をつく「 折返し翻訳辞書 」というもので遊んでみたいと思います。SNSのネタにもブログのネタにも、動画のネタにも活用してみて下さい。
サービス
当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。お問い合わせはこちらから。
LOGISM

コメント

avatar
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました