【開封レビュー】Macbookに傷が・・・シェルカバーケースを装着して良い感じ!

スポンサー
この記事は約7分で読めます。

ダンボーとMacbook

シェルカバー ケース、予想以上に良いですよ!

こんにちは、昨日とんでもないことをしでかしました。なんと大事に扱っていたMacbook(2016タッチバー付き13インチ)を地面に落としてしまい、傷がついてしまったのです。

うわあああ

その写真がこちら。

macbookの傷

いや、これぐらいいいじゃん。って思われる人もいるかもしれません。

でも僕は嫌なのです。こんなにも美しいMacbookに少しでも傷がつかないように画面の保護フィルムとか貼っていたのですが、ボディーは大丈夫だろ!と謎の理論を展開していたツケが回ってきました。

しかも、マイクロファイバータオルとかで擦っても汚れ落ちないし、もう抉れちゃっているし、Macbookだけでなく心にまで深い傷を負いました。

 

ということなので、保護します。

 

amazonで探した「Batianda  MacBook Pro シェルカバー (つや消しクリア)」という商品を購入したので、開封レビューしてみます。

【AndMesh】Macbookを守る!メッシュケースを開封レビュー
これまで3種類のケースを試してきましたがどうも気に入らなくて悩んでいたところで AndMesh に出会いました。Macbookが生まれ変わったような気持ちになれたこちらのケースを本記事では開封レビューしていきます。4,000円ほどで購入できるのでおすすめです。

商品情報

簡単に商品情報をまとめておきます。

  • 2016 New Macbook Pro 13 Retina Touch Bar 搭載専用 つや消しハードプラスチックケース
  • 高品質PC材質つや消しケース。魅力的な外観、肌触り感じも良いです。
  • 【操作性を損なわない専用設計】専用設計ですから、ケースをつけたまま各端子とボタンの操作が便利にできます。
  • アップルロゴのデザインを邪魔しません。ロゴまで完全カバーし、MacBookを傷や汚れから保護します。

 

 

 シェルカバー の開封の儀

梱包

透明な袋に梱包されて、シェルカバーはやってきました。

made in chinaの商品です。クオリティはどんなものなのでしょうか。

説明書

裏面を見ると、取扱の説明図が載っています。実際これを見なくても大丈夫ですが、一応書いておきます。

使い方

  1. Macbookを裏にして、背面用ケースをはめる
  2. 1.で軽くハマったら、キーボード側が上に来るよう持ち直して、ぱちっとはめていく
  3. 天板にカバーを合わせて奥から手前にはめる
  4. 手前側のカバーをぱちっとはめていく

という感じです。さて、実物を見ていきます。

実物表面

これが今回購入したシェルカバー、色は「つや消しクリア」です。なぜこの商品のこの色をチョイスしたかも理由があるので、後述します。

手触りがさらさらしています。美しいクリアカラーですね。

背面

背面はこのような形です。熱を逃がす構造になっているので、他のシェルカバーよりは、熱くならなさそうです。

 シェルカバー ケースをはめてみた

はめてみたらこのような感じです。

この写真だとはめているかはめていないかよく分からないかもしれませんが、実際こんな感じで、Macbookに霧がかかってちょっとぼやけているかなぁ?ぐらいのレベルです。

ロゴもはっきり分かるので、美しいデザインはそのままです。

背面の滑り止め

背面はこのような感じです。滑り止めが付いているのでテーブルに置いても、タイピングのたびにずれる心配は全くありません。

傷の具合

さて、肝心の傷の具合はどうでしょうか?

まだ薄っすらと見えますが、僕の中では許容範囲です。これで落としても本体に傷が付く心配はまずないでしょう。

 

 

何故このシェルカバーを選んだのか?

一番の決めてはデザインを邪魔しないです

実はこちらのシェルカバーを購入する前に、2つ程Macbook用のケースを購入して使用していました。

まず最初に購入したのが、「ブラックカラー」のシェルカバーです。

ブラックカバー

昔のAppleってブラックカラーのモデルも出していたのですが、今はスペースグレーというブラックもどきを出していて、何故ブラックが出ないのだ!!と怒り狂ってAmazonでポチった商品です。

実際購入し、使ってみて最初はめっちゃ格好よいのですが

 

汚れが目立つ・・・

 

そうなのです、あらゆる謎の汚れと、僕の油が良い感じにテッカテカにしてくれて、遠目では良いのですが、近くで見るとあら不思議、だせえのです。

実際、このMacbookのカバーとかって自己満じゃないですか?一番使用する当の本人がダサいと思っていたら、もう本末転倒ですよ。

なので、バッキバキにして捨てました。僕みたいな考え、神経質じゃない人だったら重宝すると思います。

続いて購入したのが、つや有りのクリアモデル(クリスタルとも言うかも)です。

クリアモデル

こちらは、Youtubeでシェルカバーを探していた時に、偶然見つけて、シンプルで輝いていて、さらに高級感もあって格好よい!と思って購入しました。

商品が届いて、はめて使用していた時も満足していました。ただ一ヶ月ぐらい使って、やっぱり格好よいなぁ・・・と思っていた時

 

ああっ!!傷見つけた!!見つけちゃったよ!!

 

もう病気なんじゃないかと思っているのですが、こちらも細かい擦り傷?みたいなのが目立つのですよ。

そんで、傷が重なってくると、高級感・・・?みたいな心情になってしまい外してしまいました。

動画でみると遠目で見ているので、傷が目立たないのですが、実際に近距離で毎日確認していると気になって仕方がないのです。

色はどうしてつや消しクリア?

なるほど、だからこのシェルカバーにしたのね、でもどうしてあんなに好きだったブラックカラーじゃないの?と思うかもしれません。

つや消しの黒で良いじゃん!と思いますよね?駄目なのです。何故なら「アップルのロゴが見えない」からなのです。

つや消しブラック

2016の新しいMacbook(13,15インチ)から、アップルロゴが光らなくなりました。

これに関してはそれを願っていたので嬉しかったのですが、ケースをした時にAppleのPCなのか全く分からなくなります。

ロゴが光れば解決なのですが、僕はそれが嫌で、黒のつや消しを選びませんでした。

実は本当に欲しかったのが別にあった件

なんで僕のMacbookには対応してないの!?と思った商品がこれです。

くり抜かれたケース

そうです、ロゴ部分がくり抜かれているのです。

素晴らしい!!なんとしてもほしい!と思いましたが、新型には対応しておらず使えなかったのですがなくなく諦めました。

ということなので、今回こちらの「つやなしクリア」のシェルカバーを購入したのです。

 

 

まとめ

ダンボーとMacbook

皆、ステッカー貼ったり色々していますけど、結局の所、裸が一番シンプルでかっこいいのですよ。

ただ、傷の心配をするのが嫌なので、クリアカラーが僕の中ではベストです!

MACが心底好きで、この美しいボディーを傷つけたくない!もしくはもう傷ついているからなんとか目立たないようにしたい!という方々、おすすめですよ!

以上です、ここまで読んでくれてありがとうございました!

ガジェット
スポンサー
関連記事
当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。お問い合わせはこちらから。またまとめ記事など不適切な文言は随時修正しております。そのため、本スレッドと異なる部分が出てきますので予めご了承ください。
jupiter

みんなのコメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました